BLOG HEADLINE

FUSION BLOG

【TUFFSKINZ カバー】

こんにちは!パーツ担当の鈴木です。

最近弊社では、ボート専用のオリジナルコーティングを始め、力をいれております。

06AC315A-9F7C-4E17-BBAB-3BD7E42F4B3D

『え、ボートにもコーティングがあるの?どんなコーティング??』

という方は下記のリンクに詳しく記載があるのでご覧下さい。

http://www.bwk-bassclub.com/staff-blog/9046.html

船体だけではなく、トレーラーやエンジン、細かな部分の隅々までそれぞれに適合したコーティングをかけることができます。

船体は皆様ボートカバーを掛けられていると思いますがエンジン等はいかがでしょうか?

せっかく綺麗にコーティングを掛けるのであれば当然、綺麗なまま長持ちさせたいですよね?

そんな本日ご紹介させて頂く商品は、TUFFS SKINZ社のエンジンカバー、PowerPoleカバーです。

まずはエンジンカバーです。

image-503

 

何が便利かというとこちらのカバー、走行中にも装着する事が出来ます。

ロゴの露出に制限のあるJBやNBCのトーナメント等にも最適です。

折角のYAMAHAのロゴを剥がす事無く装着出来ます。

※写真はSHO用(SHOの4.2Lエンジン全馬力に対応します。)ですが、オプティマックス用のグラフィックロゴ入りもあります。

 

続いてはセットでの購入もおすすめなPowerPole用カバーです。

image-506

BLADE用、PRO2用があり、ロゴのパターンもいくつか御座いますのでお好きなデザインを選択可能です。

image-507

 

↓↓取り付けイメージ↓↓(無地YAMAHA用カバー+BLADEロゴ入りカバー)

image-505

ご覧の通りエンジン、PowerPoleに取り付けるとしっかり傷や汚れからカバーできるだけでなく、見た目もスタイリッシュさが際立ちますね。

 

又、素材なのですが、外側は非常に劣化しにくいポリエステル繊維でできております。

エンジンカバーは空気を取り入れる入り口としてエアインテークの部分はメッシュ素材で出来ており、

排気口等も塞がないような設計となっております。

TUFF SKINZのカバーの裏地はカウルが傷付かないような柔らかな素材を使用しており起毛のため、カバーとしてしっかり外側も守る事はもちろんですが、内側も優しくカバーしますのでコーティング施行後にもおすすめのカバーとなっております。

image-504

 

カバーを御探しの方や、純正のエンジンカバーを無くされた方、この機会に是非いかがでしょうか!

↓↓ご購入はこちらから↓↓

http://shop.fusion-boats.com/?mode=cate&cbid=2509033&csid=0&sort=n

ご不明な点やその他モデル等もお気軽に御問い合わせ下さいませ。

ESTIMATE FORM

お見積もりフォーム

RESERVATION FORM

商談予約フォーム

ボート見積もりシミュレーション

ウェブショップ

FUSION公式アプリ
FUSION CATALOG

オリジナル総合カタログ

FUSION CHANNEL

動画チャンネル

FUSION WORKS

FUSIONワークス